デトランスα

汗が止まらない

手汗,治す方法

私は23歳の事務員です。
小学生の頃から多汗症というか手掌多汗症に悩まされて今まで生きて来ましたが、やっと大量の汗の悩みを消すことができたので参考までに教えますね。

 

この手汗を治す方法は偶然インターネット検索していて発見しました(・∀・)
どうしてインターネット検索したのかというと、病院に行って手術や治療をすれば、手汗ってすぐに治る症状なのかもしれませんが、当時手術なんてするお金もなかったし、正直こわいじゃないですか、手術って…(-_-;)
なんか副作用が出てくるとか、なかなか治らないとか噂で聞くとどうしても病院に行くことができなかったからです。
でもそのきっかけで手汗を治す方法を発見できたので発車オーライと言った感じでしょうか。

 

今まではいつも手が湿っている状態だったので授業中のプリントを後ろに回す時とかレジでの支払い、あとはめったにないけどとっさに握手するシチュエーションには参りました(*_*)
誰だっていやでしょ?握手した時にビッショリ汗で濡れていたら…緊張すると余計に汗が流れ出てくるので学生時代はごまかすのに大変でした。。体育のバレーの授業の時はボールがなんか濡れてるぞ!とか騒ぎになるときもあってバレーやバスケって嫌いでした。。

 

今では汗をコントローするすることができているので余裕なんですがね。。。

 

手汗治療プログラム

手汗,治す方法

まずみんなが間違っている多汗症の対策ですがこうじゃないですか?

  • 水分を多く取らないようにする
  • 制汗剤やデオドラントスプレーで予防する
  • 最終的には手術や注射を打つ

       ↑
こうですよね?私も昔はそう信じていました。
だから、毎朝制汗剤をワキや背中、手全体、足全体とふりかけていました。もちろん、昼過ぎはもうびしょびしょに大量の汗をかくので意味ないのですがね・・

 

水分もなるべく取らないようにして、トイレにも何度も行って身体から水分を出すことばかり考えていました。

 

これらが逆効果だとわからずに。
一時しのぎの対策なんて逆効果なんですよね、あとから考えると。
もう間違った方法に振り回されるのはヤメにしませんか?

 

私が発見した多汗症対策は1日10分ほどのトレーニングを1週間続けるだけです。
私も最初は信じられなかったのですが、1週間騙されたと思いながら続けたら不思議と汗をかかなくなりました。
ホント不思議です。自宅でできるから誰にもバレずに手汗を治すことができましたよ♪

 

>>私が実践した簡単な方法はこれです。

 

 

まずは自分の多汗症の原因を知ることから始めましょう。
多汗症には3つの原因があるようですよ。

 

私は自律神経のバランスが悪かったようです。
その辺のことも上記の方法に書かれていますので参考にしてください。

 

farine(ファリネ)

ファリネ
中学の同級生が使っているといっていたのがこのファリネ。定期コースで注文していると聞いていたのでチェックしてみたら37%オフ、送料無料、コンビニ手数料無料、3ヶ月目から10%オフ、初回限定プレゼント、60日返金保証付ってサービスですね。
ちょっと私も使ってみようかなぁ。その前に一回試しに今度会ったら手に付けさせてもらおうかな。

 

>>ファリネの公式通販サイトはこちら

 

手汗対策用制汗ジェル・フレナーラ

フレナーラ
パソコンとかデスクワークの仕事をしている人に人気なのがこのフレナーラです。化粧ポーチに入れていても違和感ないコンパクトサイズなのがうれしいですよね。パッケージがかわいいのでいつか使ってみたとおもってチェックしています。

 

>>フレナーラの詳細はこちら

 

 

 

手汗に関する情報まとめ

手汗を止めるには病院しかないのか?

病院に行くのは最終手段だと思いますよ。
手汗を自分で止める方法はあります。

 

病院だと皮膚科になるだろうけど塩化アルミニウムを処方してくれるのが基本です。
ピタッと手汗が止まる!なんていう体験談も見かけることがあるけど個人差があるので実際に使ってみないとわかりませんよね。

 

塩化アルミニウムは人によってはかゆみが出ることもあると聞きます。
病院に行く前にまずは手汗を止める方法を実践してからでも遅くないと思います。

冬でも汗をかく

汗をかく女性

私は汗っかきです。夏場はもちろん多量の汗をかきますし、冬場でも汗をかくことがあります。
暑がりで、少しでも動くと全身から汗が出てきます。

 

特に私は脇から汗が結構出るので、困ることがあります。
脇から汗が出ると洋服に汗のシミが出来てしまいます。それがとても恥ずかしいです。

 

腕を上げると、洋服に汗のシミが出来て目立つので、出来るだけ腕は上にあげないように気をつけたりします。
脇汗のシミを見られるととても恥ずかしいですからね。
脇汗パットなどを洋服の内側につけて、汗のシミが出来ないようにも工夫しましたが、汗脇パットをつけると洋服がゴワゴワしてしまい、着け心地が悪くてやめました。汗が出ないなら、こんなに悩まなくていいのですけどね。

 

あとは、私は緊張すると顔から汗がたくさん出ます。これも恥ずかしいのでハンカチは常に持つようにしています。
緊張しないようにしようと思うと、余計に汗をかいてしまうことがあるので、あまり汗のことは気にしないで過ごしていたいです。

 

未だにトラウマになっているのは中学の時にキャンプ体験があって、その時にお決まりのキャンプファイアーがあってクラスごとにマイムマイムを女子と男子が交互に入れ替わって踊るという最悪な状況がありました。
私は手汗もひどいので、男子と手をつないだりしたら手汗で気持悪がられると思って、おなかが痛いふりをしてフォークダンスは辞退しました。
何とか難を逃れたんだけど、フォークダンスを陰で見ているときに、もう手汗と脇から顔からと汗がしたたり落ちてハンカチがびっしょりになって先生に具合が悪いの?と心配されました。

 

いまでもあの時の状況を思い出しただけで、体中から大量の汗が出てきます。

 

カラオケでマイクがビショビショに

カラオケする新入社員

自分は緊張すると手汗が止まらなくなるという体質なのは知っていたので、いろんな場面でも多汗症だというのがばれないように対処してました。

 

ただ対処できない時もありましたよ。
一番の苦い思い出は新卒で入った時に会社でやってくれた新入社員歓迎会でのカラオケです( ;∀;)
新入社員は必ず一曲は歌を歌わないとダメみたいな状況になって、僕はもうすでに手汗ダラダラ状態でした。

 

マイクなんて握ったら次の人が絶対に気付くだろうなと思っていたので、いつまでも曲が探せないようなふりをしていたんだけど、それならと会社の先輩がデュエットを勝手に入れてマイクを渡してきたんです!!ピンチ!!!

 

と思ったけど、先輩に無理矢理ステージにあげられてその後のことは頭が真っ白になって何を歌ったのかもよく覚えていません。
ただハンカチで必死にマイクから汗がしたたり落ちないようにごまかしていました。
結局、時間いっぱいだったようでカラオケは僕で終了になって次の人にマイクを渡すこともなくて助かったんだけど、テーブルに置いたマイクはダラダラになってました。
ハンカチで拭いたけど、あれ以来カラオケが大嫌いになりました。